友人に開店祝いのお花を贈りました

この春、仲の良い友人がカフェをオープンしました。子どものころから自分のお店を持つのが夢だったことを知っていたので、友人からカフェをオープンするという話を聞いたときは、まるで自分のことのようにうれしかったことを覚えています。そこで、おめでとうという心からのお祝いの気持ちを込めて、オープンに合わせて開店祝いのお花を贈ることにしました。ちなみに、いろいろ迷った結果、地元にあるフラワーショップが運営しているオンラインショップを利用して贈りました。魅力的なアレンジメントがたくさん用意されていたので、友人から聞いていたお店のイメージに合わせて、自分なりに選んで注文しました。当日、ショップからメールがきて、これから贈る予定のお花の画像を見ることができました。そのため、実物を見ることができないという不安な気持ちを抱えることもありませんでした。友人も喜んでくれたので、このフラワーショップを選んで良かったと実感しています。

開店祝いに適している花

知り合いがお店を開業したことを知ったら、美しくアレンジされた花をプレゼントして、開店を祝福してあげましょう。開店祝いに最も適しているのは胡蝶蘭です。胡蝶蘭は見た目が華やかで、「幸せが訪れる」という花言葉を持っています。個性的で独特の魅力がありますが、サイズが大きく場所をとるので、狭い建物だと邪魔になることがあります。店が狭い場合は、スタンド型のものを贈るといいでしょう。スタンド型は屋外に設置するタイプで、路面に並べるとお店の存在を通行人に認知させることができます。こちらも大型なのである程度のスペースが必要ですが、お客を引き寄せるのでお店の売り上げに貢献できます。小型のタイプを探しているなら、アレンジメントがおすすめです。アレンジメントは花束のようにまとめられたフラワーアレンジのことで、価格は数千円台からと安価な傾向があります。

開店祝いにプリザーブドフラワーの花を贈る利点

プリザーブドフラワーについて開店祝いとして贈っていく場合には、その後における水やりなどについても一切必要ないと言った手間がかからない点に関してはかなり大きなメリットとなるでしょう。また、生花の場合については、贈られている側については枯れていかないように毎日水替えをしたり、鉢植えの場合については水やりを行っていく必要があり、かなりそれが手間になってしまうといったことが考えられるでしょう。しかも、開店祝いによる場合については自分以外においても花を贈っている人が多いはずですから、見た目に関しては綺麗でしょう。しかし、贈られている側にとっては意外と大きな負担について強いられてしまうことにもなるでしょう。ただし、プリザーブドフラワーの場合にはその手間に関しては一切必要ないため、生花よりも喜ばれる場合もあるでしょう。