開店祝いで喜ばれる花束

開店祝いには綺麗な花を贈ります。お店の前に飾る物なので綺麗で目立つものがいいです。単色だと少し寂しいので、さまざまな色でさまざまな種類を入れるといいです。お祝いなので、赤やピンク、黄色など華やかな色だと、外から見たお店の雰囲気も素敵になります。大きいもので目立たせる事もいいですが、小さいものも入れると品のあるものになります。お店の方によっては好きなものや色があるので、事前にリサーチして、相手にも喜ばれるものを贈りたいです。いろんな種類があるので選ぶのは大変ですが、こんなのがいいな、これなら喜ばれるなと考えながら選ぶのも楽しいです。控え目でもいいのですが、やはり豪華な方がお店側にも喜ばれるので、少し奮発してでも綺麗なものを贈りたいので、よく考えて、素敵なものを、喜ばれるものを贈ってあげたいです。

開店祝いの花を贈る時は基本知識を身に付けておこう

友人や知り合い、または取引先などが新しくお店を開いた際に開店祝いとしてお花を贈る事があります。身近な方にこれから贈る、という方は予め基本的な知識を身に付けておくと良いでしょう。まず、贈る時期として当日に贈られる方もいますが、当日は何かとバタバタしている場合が多いのでなるべく一週間前から前日までに贈るようにしましょう。店舗の名入りで贈る事が基本とされており、赤い色などは火を連想させてしまい、4本や9本と言った本数も縁起が悪いので控えておきましょう。また、飲食店の場合では花粉や香りの強い物は返って迷惑になる事があります。分からない場合、ご自身の判断で選ぶのでは無く一度店舗のスタッフに聞いてみると良いでしょう。予算は一般的に2万円前後とされています。贈る相手によっても値段相場は変わってくるので調べておくと良いでしょう。

友人へ開店祝いのお花をアレンジしました

このあいだ友達がネイルサロンをオープンしました。ずっと自分のお店を出すことが夢だと話していた友人だったので、まわりのわたしたちもとてもうれしい気持ちです。オープン初日には、開店祝いのお花を持って、みんなでお祝いに駆けつけました。サプライズでの訪問だったので友人はとてもびっくりしていましたが、すごく感激した様子でした。実はこの開店祝いのお花はわたしが自分でアレンジしました。わたしも友人のように自分のお店を出すのが夢で、将来はフラワーショップを経営したいとおもっています。自分の手で友人のお祝いのお花を作ることができて本当にうれしい出来事でした。わたしも友人に負けないようにさらに努力しなければと、改めて心に誓う出来事でもありました。夢をかなえることは本当に素敵です。ツライこともあるけど、負けないで頑張ろうと思った一日になりました。