開店祝いに送られる花

祝いや悦びを、大切な人に伝える為に、贈り物が使われています。その種類も多くあり、贈る相手によって、贈り物を選ぶことになります。また、贈る相手が、人ではなく、店などになると圧倒的に多くなる贈り物があります。開店祝いといえば、花です。大きな花が飾られているのを、目にしたことがあるはずです。お店がスタートするのに、関わったら多くの会社から、届けられた贈り物を目にします。お店が起動に乗り、何周年祝いになると、また店先を贈り物が飾っていき、訪れた客も、通った月日を感じます。お店を経営していくことは、決して簡単なことではありません。それでも、何周年を迎えられるのは、お店の経営努力といえます。一つの区切りをつけて、お店も経営努力を続けて、訪れてくれた客を、より一層魅了していきます。また、次の何周年に向かって、お店の歴史が始まっていきます。

開店祝いに贈る花は鉢植えがおすすめ

開店祝いとして花を贈るなら、鉢植えの植物はいかがでしょうか。観葉植物にすれば、長持ちで手入れも簡単です。華やかさが欲しいなら、やはり長く咲く鉢植えの胡蝶蘭もおすすめです。植物を贈る時は店の面積を考えて、お祝いの演出をしつつも邪魔にならない物を選ばなくてはなりません。その点鉢植えはあまり場所を取らないうえ、サイズが豊富で店の広さにも合わせやすいです。贈り物なので、鉢はリボンやラッピングペーパーなどで飾ることが一般的です。もし自分でラッピングする時は、お祝いのマナーを意識しましょう。開店祝いの場合、赤字など良くないイメージが浮かぶ赤色のラッピングや植物は避けるのが基本です。マナーに自信が無い場合は、お祝い用の花に慣れている花屋さんで、ラッピングや添えるメッセージ選びまで相談して決めると安心です。開店祝いの品物に悩んだら、店のインテリアにもなる鉢植えはおすすめです。

開店祝いに花を贈る祭の注意点あれこれ

知人や取引先が新たな店舗などを開店した際に、お祝いとして花を贈ることがあります。その際次のような点について注意しておかないと、あまり良くない印象を抱かれてしまうなどのデメリットが発生することがあります。まず挙げられるのが贈る花の種類です。開店祝いには胡蝶蘭を送ることが多いですが、あまりに高価すぎるものを贈ってしまうと、相手もお返しなどで困ってしまうことがあります。そのため付き合いの深さなどを勘案し、3万円から5万円程度の物を贈るのが無難です。次に挙げられるのが贈る時間帯です。自身が持って行く場合も業者に配達を依頼する場合も、相手の忙しい時間帯に贈ってしまうのはあまり良くありません。そのため開店日前やある程度落ち着く時間帯などを見越して持っていくと良いでしょう。上記の注意点をしっかり押さえ、開店祝いを行うことをお勧めします。